MUSASHINO
トップページ
企業情報
製品情報
武蔵野化学研究所の強み
お問い合わせ
採用情報
サイトマップ
English

アラニンEnglish

アラニンは、旨味と甘味を兼ね備えたアミノ酸です。食品中に多く含まれ、食品の旨味を決める成分の一つです。
また、他の調味料との相乗効果があり、食品の旨味が向上します。そのほか、過度の酸味、塩味、苦味等を低減するマスキング剤としての働きがあります。

近年では、生体内での糖新生や脂肪代謝の促進に利用されるアミノ酸としての認知度が高まり、スポーツニュートリション分野でも、疲労回復機能等の観点から高く評価されています。

アラニン
CAS番号
302-72-7
安全データシート(SDS)はこちらからご確認頂けます
SDS(249KB)
カタログ
カタログ(219KB)
リーフレット(生理機能)
リーフレット(219KB)


製品に関するご質問・資料請求は以下からお問い合わせください。


基本情報

                

α-アラニンとβ-アラニンの違い

                

アラニンには、α―アラニン(アルファ アラニン)とβ―アラニン(ベータ アラニン)の構造異性体が存在します。

   α―アラニンの示性式:CH3CH(NH2)COOH
   β―アラニンの示性式:NH2C2H4COOH

 

アミノ酸の1種もしくは食品添加物として市場に広く知られているアラニンは、α-アラニンのことです。
βーアラニンは、αーアラニンの構造異性体で、2019年の食薬区分の改正により健康食品への利用が認められました。
2種のアラニンは、食味や生体内での役割が異なるといわれています。
当社では、αーアラニンを製造・販売しております。

                

アラニン(α-アラニン)とは

α-アラニン(化学名:2ーアミノプロピオン酸)は、分子内にカルボキシル基とアミノ基を持つ炭素数3の中性のアミノ酸で、非必須アミノ酸です。分子内に不斉炭素があり、立体的に鏡像関係にあるLーアラニンとDーアラニンが存在します。

LーアラニンとDーアラニンの等量混合物であるDLーアラニン、ならびにLーアラニンは、食品添加物として使用が認められており、主に健康食品の分野で使用されています。
Dーアラニンは、これまで主に農薬や医薬品の合成原料として使用されてきました。加えて最近では、化粧品や食品への添加効果についてLーアラニンとは異なる生理活性が報告されています。
武蔵野化学研究所では、既存製品のDLーアラニンに加えてDーアラニンの製造・販売を開始いたしました。

アラニン(L-アラニン、D-アラニンともに)は、多くのタンパク質の構成アミノ酸として自然界にも広く存在しています。また多くの食品にも含まれていることも知られ、美味で評判の枝豆・だだちゃ豆のうまみ成分の主要部を占めると言われています。
アラニンは桑の葉、絹、シジミにも多く含まれ、摂取することにより脂肪燃焼、肝機能改善効果が期待されるという報道が注目されております。
このような食品用途に加え、化粧品用途やめっき薬品としても新たな効果が見直されております。

包装単位・荷姿

1kg×20 (ポリエチレン袋)段ボール箱、10kg紙袋(内装 ポリエチレン)、20kg紙袋(内装 ポリエチレン)

認証

ハラール認証、コーシャ認証を取得

食品での表示例

DL-アラニンを食品添加物として使用する場合、その使用量・対象食品などの使用基準はございません。
使用した食品には、下記の例のような表示が必要です。

                
  • 調味の目的で使用した場合 : 調味料(アミノ酸)
  • その他の目的で使用した場合 : アラニン
  • 特性 (成分情報、物性)

                     
    化学名・IUPAC名 アラニン
    別名 2ーアミノプロパン酸
    CAS RN® 302-72-7
    化学式 CH3CH(NH2)COOH
    分子量 89.10
    性状 白色結晶性粉末
    融点 264~265℃(分解)
    溶解度 16.7g/100mL(25℃、水)
    等電点 pI=6.00 (pKCOOH=2.34、pKNH2=9.69)

    *アラニンの詳細な有害性情報・物性データは、安全性データシート(SDS)をご確認ください。

                

製品規格

製品の種類

アラニン(DLーアラニン)
本品は、食品添加物「DLーアラニン」である。

製品規格

1.性状 白色結晶性粉末で、甘味がある。
2.確認試験 本品の赤外吸収スペクトルを参照スペクトルと比較するとき、同一波数のところに同様の強度の吸収を認める。
3.pH 5.5~7.0
4.純度試験 (1)溶状(1+10) 無色澄明
(2)塩化物 0.021%以下
(3)鉛 2μg/g以下
(4)ヒ素 2.0μg/g以下
5.乾燥減量 0.30%以下
6.強熱残分 0.20%以下
7.含量 98.5~102.0%以下

●製品試験法

食品、添加物等の規格基準「DLーアラニン」の項による。


主な用途と効果

主な用途

                    
食品 農産加工品(漬物等)、昆布類(塩昆布等)、水産加工品(イカの塩辛等)、水産練り製品(蒲鉾等)、畜肉加工品(ハム等)、調味料(つゆ、たれ等)、スナック類、飲料
医薬・健康食品 医薬品の合成原料
化粧品 化粧品原料
工業用 めっき薬品、飼料

旨味調味料としての利用

アラニンの歴史的に最も古い使用例の一つは、合成酒への添加です。これにより、清酒と同様なコク味や丸味をつけていました。
現在では、漬物・つゆ・たれ・醤油・味噌・スープ・珍味・佃煮・ちくわ・蒲鉾などに幅広く使用され、これらの食品に旨味とコク味を持たせています。

                

甘味料への利用

アラニンは上品でさわやかな甘味で、砂糖よりも強い甘味を持ちます。
古くからサッカリンなどの人工甘味料の味質改善にも利用されていましたが、最近ではアスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロース等の高甘味度甘味料の組み合わせやアラニンの配合比率などを種々に変える事で、対象食品に適した甘味料製剤を調製出来る事が判っています。

味カドを取り旨味を引き出す効果(マスキング剤)

アラニンは、各種の味カドを取り除き、旨味を引き出します。

塩なれ効果
塩味の強さを和らげると同時に旨さを引き立てます。
酢なれ効果
pH等を大きく変化させずに酸味をマイルドにします。
その他の効果
苦味、渋み、エグ味などを和らげます(マスキング効果)。

アルコール性肝障害の改善

アルコールは肝臓で分解され、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドになります。
アセトアルデヒドを分解するには、肝グリコーゲンが必要ですが、アラニンはこの肝グリコーゲンの原料となり、アセトアルデヒドの分解作用を促進するといわれています。
近年、アラニンを含むアミノ酸類の肝機能改善に関する研究が行われています。

肌への関与

アラニンは、角質層に存在する天然保湿因子(NMF)の一つです。NMFの約40%が遊離のアミノ酸で構成されていますが、そのアミノ酸組成は、セリンが最も多く30%、次にグリシンの18%、次にアラニンの9%と成っています。アラニンを初めとするアミノ酸は角質層で高い保湿効果を持ち、また肌の表面がアルカリ性になるのを防ぐとともに、角質層のバリヤー機能を高めて、肌に潤いを与えています。
これらの働きを利用して、最近、各種アミノ酸は化粧水やシャンプーなどの分野にも幅広く応用されています。

無電解めっき浴へのアラニンの添加について

アラニンの構造式

アラニンは炭素数3の中性アミノ酸です。

  • 分子中にアミノ基およびカルボキシル基を有します。
  • それらの官能基が金属イオンと結合、キレートを作り出します。
  • 生成したキレートは無電解めっきを行う際に反応により金属を解離、表面に良好な被膜を生成させることが期待されます。
  • キレートとしての安定度定数が大きいため、めっき液中の金属濃度を上げることが可能です。
  • アラニンは自然界に多く存在するアミノ酸であり安全です。
  • 中性アミノ酸でありかつ緩衝性を有するため、めっき液のpHが極端な酸性・アルカリ性へは変化しにくくなります。
  • 同じ中性アミノ酸であるグリシンとは、各金属について安定度定数が異なります。その違いからめっき被膜の改善が達成される可能性が期待されます。
  • 中性アミノ酸は、ホルムアルデヒドのような無電解めっき用還元剤を付加化合物生成により安定化させる、という性質があります※。この効果により、めっき液中で期待しない還元反応が起こることによる、金属沈殿という現象が防止されます。また、中性アミノ酸とホルムアルデヒドの付加化合物生成による安定化は可逆反応であるため、ホルムアルデヒドが消費されるにつれ、化合物の分解によりホルムアルデヒドを放出します。結果、安定しためっき浴となります。

無電解めっき 基礎と応用 日刊工業新聞社

■主な錯化剤の安定度定数

金属種 アラニン グリシン 乳酸 リンゴ酸
Ag+ 4.9 3.5 - -
Cu2+ 8.4 8.6 - -
Ni2+ 4.5 6.2 1.6 1.8
Zn2+ 5.2 5.5 1.9 3.7

以上、めっき工程においてアラニンを使用することにより、様々なプラス効果が得られることが期待できます。

製品特徴

代表的な旨味成分

アラニンは魚介類や肉類等、様々な食品に含まれる旨味構成成分の一つです。
アラニン単独使用でも旨味を十分に呈し、旨味調味料としての存在意義を発揮できますが、他の旨味調味料との相乗効果により、旨味が増強します。
                           

■食品可食部100g中の全アラニン含有量

食品 含有量(mg)
かつおぶし 4400
ほしのり 4200
クルマエビ 1100
鶏肉 830~1400
牛肉 720~1200


L-グルタミン酸Naは5’-グアニル酸Na等の核酸系呈味物質と相乗的な旨味の増強作用があります。
この2成分系にアラニンを共存させた場合は旨味に関して特異的な作用を示し、3成分のいずれかが閾値以下の濃度でも、旨味の相乗効果が顕著に現れます。

褐変反応が少ないアミノ酸

アラニンは食品の変色の原因の一つであるメイラード反応による褐変の少ないアミノ酸です。

製品に関するご質問・資料請求は以下からお問い合わせください。

類似している製品はこちら

目的別で製品を探す

製品情報
ページトップへ
MUSASHINO
株式会社 武蔵野化学研究所
〒104-0031
東京都中央区京橋一丁目1番1号
八重洲ダイビル7F
TEL:03-3274-5501(代表)
03-3274-5502(営業)

FAX:03-3278-9249