閉じる

食品

開発品リスト(164KB)

乳酸やその塩類、アラニン等は、ほとんど全ての食品に常在成分として存在し、太古より人間が摂取し続けてきた物質です。
漬け物、味噌、醤油、チーズ、ヨーグルト、酒類などでは、微生物の作用を利用して乳酸を生成させることによって、風味、保存性などの特徴を持たせる技術が古くから発達してきました。
乳酸等の製造が工業として行われるようになった今日では、これらの発酵食品に限らず、さまざまな食品に乳酸や誘導体が利用されています。

pH調整剤

乳酸は不揮発性で高い静菌効果をもちます。そのため、食品用のpH調整剤として幅広く利用されています。発酵食品においては、雑菌汚染を抑制して酵母を健全に育成する為に発酵の初期段階において乳酸が使用されます。

関連製品一覧

調味料・酸味料

旨味・酸味は、共に食品の味を決める重要な要素です。
アラニンは魚介類をはじめとして多くの食品の旨味成分であり、他の旨味成分との相乗効果があります。また、酸味、塩味をまろやかにすることが知られています。

関連製品一覧

小麦粉製品・米粉製品の品質改良剤

ステアロイル乳酸塩類(ベルフ、SSL-B)は、小麦粉の品質改良剤として開発された陰イオン性の乳化剤であり、欧米諸国を中心に食品用乳化剤として幅広く利用されています。

関連製品一覧

日持ち向上剤

食品の風味、物性をほとんど変えることなく日持ち向上効果が得られます。

関連製品一覧

肉や魚貝類の軟化剤

硬い肉を軟らかく、おいしく仕上げ、さらに歩留まりを向上させます。

関連製品一覧

製麺関連の製品

各種麺類の品質向上効果、日持ち向上効果で幅広く利用されています。

関連製品一覧

カルシウム補給・煮崩れ防止・形状維持

乳酸カルシウムは食品のカルシウム強化、型くずれ防止用として多くの食品に使用されています。

関連製品一覧

マスキング剤

食品の塩なれ、酢なれ効果により味を調整しながら食品の旨味を引き出します。

関連製品一覧

減塩素材

エグ味や雑味が少なく、低塩食品やナトリウムの代替に最適であり、穏やかな塩味を呈します。

関連製品一覧

乳酸製剤

関連製品一覧

他の目的で製品を探す

製品情報
ページトップへ
MUSASHINO
株式会社 武蔵野化学研究所
〒104-0031
東京都中央区京橋一丁目1番1号
八重洲ダイビル7F
TEL:03-3274-5501(代表)
03-3274-5502(営業)

FAX:03-3278-9249