閉じる

ピルビン酸

生体の必要要素の合成・代謝に関与する、ファインケミカルの重要な中間体。高純度・安定性の高い製造技術を確立している弊社にお問い合わせください。

基本情報

ピルビン酸は、生体内での解糖系‐TCA回路における重要な中間体です。脂質、アミノ酸、たんぱく質、ATPなどの生化学的合成に関与しており、医薬品等の様々な生理活性物質の合成に用いられます。(株)武蔵野化学研究所は、世界に先駆けて高純度で安定性の高いピルビン酸の製造を可能にしました。

製品規格

性状 淡黄色~黄褐色澄明な液体で、特異なにおいがある。
溶状 澄明
重金属 0.001%以下
0.001%以下
比重 d2020 1.260-1.280
強熱残留物 0.10%以下
含量 97.0%以上

特性

化学名 2-オキソプロパン酸
分子量 88.07
性状 淡黄色~黄色の澄明な液体で、酸臭がある。
比重(20℃) 1.2691
屈折率(20℃) 1.4280
融点 13.1℃
沸点(100mmHg) 105.4℃
引火点(Open) 102℃
粘度(20℃) 19.48cp
毒性(20℃) LD50 2.1g/kg

主な用途

医薬 合成原料、アミノ酸原料

ピルビン酸は、生体においては糖質・脂質・アミノ酸などの生化学的合成、代謝に関与している物質です。
ピルビン酸は反応性が高く、医薬、農薬等の合成の基質など、ファインケミカルの重要な中間体として位置づけられています。
また、ピルビン酸ナトリウムは細胞にエネルギーを供給する際、解糖系を経由しないことから、輸液などへの応用も期待されています。
製造開始以来、武蔵野化学研究所では別項の製品保証規格をクリアする高純度のピルビン酸類の製造技術を確立し、昔から末長く、安定供給し続けています。
ピルビン酸および誘導体の利用を検討される折には、まず武蔵野化学研究所にお問い合せください。

製品に関するご質問・資料請求は以下からお問い合わせください。

類似している製品はこちら

目的別で製品を探す

製品情報
ページトップへ
MUSASHINO
株式会社 武蔵野化学研究所
〒104-0031
東京都中央区京橋一丁目1番1号
八重洲ダイビル7F
TEL:03-3274-5501(代表)
03-3274-5502(営業)

FAX:03-3278-9249