閉じる

乳酸カルシウム・乳酸カルシウムJ

食品添加物の有機酸カルシウム塩の中で、溶解度が高く、味への影響が少ないカルシウム塩でスポーツドリンク等に多く使用されています。ゲル強度向上、野菜、果実の形状保持に用いられる他、調味の目的でも使用されています。

CAS番号
DL:814-80-2/L:28305-25-1
SDS 乳酸カルシウム
SDS(252KB)
SDS 乳酸カルシウムJ
SDS(254KB)
カタログ
カタログ(241KB)

製品規格

製品の種類

乳酸カルシウム
本品は、食品添加物「乳酸カルシウム」のうち、乳酸カルシウム・5水和物である。

製品規格

1.性状 白色の粉末、又は粒で、においがないか、又はわずかに特異なにおいがある。
2.確認試験 カルシウム塩の反応及び乳酸塩の反応を呈する。
3.純度試験 (1)溶状(1+20) 無色澄明
(2)液性(1+20) pH6.0~8.0
(3)重金属 20μg/g以下
(4)アルカリ金属およびマグネシウム 1.0%以下
(5)ヒ素 4.0μg/g以下
(6)揮発性脂肪酸塩 酪酸ようのにおいを発しない。
4.乾燥減量 25.0~30.0%
5.含量 97.0~101.0%(乾燥物換算)

●製品試験法

食品、添加物等の規格基準「乳酸カルシウム」の項による。

主な用途と効果

主な用途

食品 スポーツドリンク、缶詰、漬物
医薬・健康食品 カルシウム補助食品
工業用 動物飼料

乳酸カルシウムによる食品の形くずれ防止

乳酸カルシウムは、ゼリー、ジャム、果実、野菜、海草等の組織成分(ポリウロン酸)を架橋させ、組織を強化します。

この効果を利用することにより、下図のように大根等の煮物の煮くずれ防止に使用できるほか、海草類などにも効果を発揮します。

製品特徴

味への影響

乳酸カルシウムは、他のカルシウム塩と比較して味がマイルドです。

乳酸カルシウムによる栄養補給

カルシウム含量と溶解度が高い乳酸カルシウムは、味質への影響も少なく、
様々な食品の栄養強化に最適です。

製品に関するご質問・資料請求は以下からお問い合わせください。

目的別で製品を探す

製品情報
ページトップへ
MUSASHINO
株式会社 武蔵野化学研究所
〒104-0031
東京都中央区京橋一丁目1番1号
八重洲ダイビル7F
TEL:03-3274-5501(代表)
03-3274-5502(営業)

FAX:03-3278-9249