閉じる

化粧品

開発品リスト(164KB)

アミノ酸や乳酸塩は皮膚の天然保湿因子として皮膚上に高濃度で存在する事が知られています。また、乳酸は皮膚のpHを低く保ち雑菌の繁殖を抑える役割を果たしています。これらの成分は、いずれも皮膚に対するなじみが良く、刺激が少ない事を特徴としており、化粧品原料として最適であるといえます。

「ムサシノ乳酸®」は武蔵野化学研究所の登録商標です。

保湿・美白

乳酸塩は、皮膚の天然保湿因子の12%を、アラニンを含むアミノ酸は40%を占めており、保湿効果を目的とした様々な化粧品に使用されます。
さらに乳酸は、チロシナーゼの生成を抑制する事により、高い美白効果を発揮します。更に近年、アラニンに皮膚細胞更新効果があるという報告がなされ、保湿効果と合わせ皮膚老化防止への利用という点で注目されております。
また、ピルビン酸化合物についても、美白および皮膚老化防止効果があるという報告がされております。

関連製品一覧

基剤

乳酸セチル・乳酸ミリスチルは融点が体温に近く、油性感がなく、さらに、皮膚や毛髪に絹様の感触、光沢を与えることから、口紅の基剤をはじめ、各種クリーム、アイシャドウ、リンス等、幅広く使用されています。
また乳酸セチル・乳酸ミリスチルは皮膚の表面を軟化させることにより、吸収させることが困難であった薬効成分の皮膚吸収を促進させる作用があります。この作用を用い、皮膚性状の改善・塗布型医薬品吸収促進用途向けに乳酸セチル・乳酸ミリスチルが利用され始めています。

関連製品一覧

乳化剤・洗浄剤

ステアロイル乳酸ナトリウム、イソステアロイル乳酸ナトリウムは、安全性が極めて高く、皮膚や毛髪のたんぱく質に作用して、柔軟性を向上させて優れた感触を与えます。これらの優れた作用から、石鹸やシャンプー、染毛剤等に広く利用されます。

関連製品一覧

他の用途で製品を探す

製品情報
ページトップへ
MUSASHINO
株式会社 武蔵野化学研究所
〒104-0031
東京都中央区京橋一丁目1番1号
八重洲ダイビル7F
TEL:03-3274-5501(代表)
03-3274-5502(営業)

FAX:03-3278-9249