閉じる

D-乳酸

武蔵野化学研究所の発酵技術を生かし製造しているD乳酸は、医薬、農薬の原料を主として使用されている製品です。

CAS番号
10326-41-7
SDS
SDS(279KB)

乳酸にはL-体・D-体という光学異性体が存在します。当社では化学合成法によるDL-乳酸(L-乳酸とD-乳酸の混合物)、発酵法を用いたL-乳酸の他、D-乳酸の製造もおこなっています。

D-乳酸は医薬・農薬の原料として、光学活性しかもD-体の骨格が必要な化合物の原料、各種高分子原料としての利用がされています。武蔵野化学研究所ではD-乳酸のみならず、D-乳酸メチルなどのエステル類を製造しており、製造品目を拡大していく予定です。
D-乳酸およびその誘導体にご興味のおありの方は、武蔵野化学研究所へお問い合わせください。

製品に関するご質問・資料請求は以下からお問い合わせください。

類似している製品はこちら

目的別で製品を探す

製品情報
ページトップへ
MUSASHINO
株式会社 武蔵野化学研究所
〒104-0031
東京都中央区京橋一丁目1番1号
八重洲ダイビル7F
TEL:03-3274-5501(代表)
03-3274-5502(営業)

FAX:03-3278-9249