閉じる

フレッシュエイド®

有機酸とその塩類の効果的な配合により、食品の日持ち向上に効果があります。フレッシュエイドと乳酸ナトリウムを併用することにより、食品の風味、物性をほとんど変えることなく日持ち向上効果が得られます。

「フレッシュエイド®」は武蔵野化学研究所の登録商標です。

CAS番号
FA03:127-09-3(酢酸ナトリウム無水)、56-40-6(グリシン)、7758-16-9(ピロリン酸二水素ナトリウム)/FA05:127-09-3(酢酸ナトリウム無水)、124-04-9(アジピン酸)、
SDS フレッシュエイドFA-03
SDS(251KB)
SDS フレッシュエイドFA-05
SDS(279KB)
カタログ
カタログ(178KB)

主な用途と効果

主な用途

食品 加工肉製品、総菜類
  • 有機酸による食品保存[FUOAS]新技術
  • CVS一般鮮度保持基準[30℃、48~72hr]に対応

フレッシュエイド®は、有機酸による保存性向上(FUOAS)技術(特許登録)として開発された、新しい形の日持ち向上システムに用いる添加剤です。食品の風味、物性をほとんど変えることなく、有機酸によるpH調整効果等により、特に弱酸性領域での微生物増殖を効果的に抑えます。

本品は、乳酸ナトリウムと併用していただくことにより、その効果が相乗的に高まります。

製品特徴

特徴と具体的な対象食品

品名 フレッシュエイド®FA-03 フレッシュエイド®FA-05
用途 日持向上剤 pH調整剤
性状 わずかに酸臭を有する白色粉末
水に可溶
わずかに酸臭を有する白色粉末
水に可溶
推奨される
対象食品
ソーセージ、ハム、ハンバーグ、
カツ、ナゲット、骨付きチキンなど
畜肉製品、シチュー、カレー等
その他 そうざい類
調味生肉、味付け焼肉、
ハンバーグ等、未加熱畜肉製品全般
荷姿・重量 10kg段ボール(内装ポリ袋) 10kg段ボール(内装ポリ袋)
本品を用いた
食品への表示例
酢酸Na、グリシン pH調整剤

製品に関するご質問・資料請求は以下からお問い合わせください。

類似している製品はこちら

目的別で製品を探す

製品情報
ページトップへ
MUSASHINO
株式会社 武蔵野化学研究所
〒104-0031
東京都中央区京橋一丁目1番1号
八重洲ダイビル7F
TEL:03-3274-5501(代表)
03-3274-5502(営業)

FAX:03-3278-9249