研究者の探究心が、築いてきた未来。

創業期の社員たち。

1940

当時の乳酸荷姿(藤巻瓶)
増設中の乳酸工場(杉並)
詳細
1949年(昭和24年)
合成法による乳酸の製造を開始
東京都杉並区に(株)武蔵野化学研究所を設立

1950

MMA技術は日本で当社がいち早く開発しました。
1953年 アラニン製造開始。各種の味のカドを取り除き、旨味を引き出します。
詳細
1950年(昭和25年)
武蔵野商事(株)設立
詳細
1951年(昭和26年)
富山軽銀(株)を吸収合併、メタクリル酸メチル(MMA)の製造開始
詳細
1953年(昭和28年)
アラニン(DL-アラニン)の製造開始
詳細
1954年(昭和29年)
塩化シアヌル(CC)の製造開始
詳細
1956年(昭和31年)
トリアリルシアヌレート(TAC)の製造開始
詳細
1958年(昭和33年)
乳酸エチル、乳酸メチル、乳酸ナトリウムの製造開始
協和ガス化学工業(株)を設立(国内合弁会社)し、CC及びMMAの生産を移管
詳細
1959年(昭和34年)
JRガイギーAG(現BASF SE社)にCCの製造技術を輸出

1960

1964年 ステアロイル乳酸カルシウム(ベルフ)製造開始。
建設中の磯原工場
詳細
1964年(昭和39年)
ステアロイル乳酸カルシウム(ベルフ)の製造開始
詳細
1967年(昭和42年)
カンショウ乳酸の製造開始
詳細
1968年(昭和43年)
本社を東京都中央区京橋に、工場を茨城県北茨城市に移転
米国アメリカン・サイアナミッド・カンパニー(現ファイザー社)にCCの製造技術輸出
詳細
1969年(昭和44年)
ガイギー・ヴェルケ・シュヴァイツェルハーレAGと合弁会社ムサシノガイギー(株)設立

1970

24時間操業の磯原工場。
1972年乳酸ブチル製造開始。
高沸点溶剤、洗浄剤、インキ、塗料に使用されています。
詳細
1972年(昭和47年)
乳酸ブチルの製造開始
チバガイギー社(現BASF SE社)にTACの製造技術輸出
詳細
1978年(昭和53年)
ピルビン酸の製造開始
詳細
1979年(昭和54年)
乳酸ミリスチル、乳酸セチルの製造開始

1980

1989年乳酸カルシウム製造開始。
カルシウム強化、食品の煮くずれ防止に。
1980年ピルビン酸エチル製造開始。
高純度製造技術をもって安定供給し続けています。
詳細
1980年(昭和55年)
西独デグッサ社にCCの製造技術輸出、ピルビン酸エチル、ステアロイル乳酸ナトリウムの製造開始
詳細
1985年(昭和60年)
ピルピン酸ナトリウムの製造開始
詳細
1986年(昭和61年)
粉末乳酸ナトリウム、乳酸アルミニウムの製造開始
詳細
1988年(昭和63年)
化成品工場新設
詳細
1989年(平成元年)
高品質乳酸エチル、乳酸カルシウム、粉末乳酸、乳酸鉄の製造開始

1990

磯原工場全景
研究開発の拠点、一新された東京研究所
詳細
1990年(平成2年)
ノバラクト(120%乳酸)の製造開始
詳細
1991年(平成3年)
アラニン、FDA(米食品医薬品局)食品添加物認可
詳細
1995年(平成7年)
乳酸、乳酸ナトリウムの医薬品製造業許可(GMP)取得
東京研究所建替工事竣工
詳細
1999年(平成11年)
創立50周年

2000

中国子会社新工場開業式典の様子(1)
中国子会社新工場開業式典の様子(2)
詳細
2000年(平成12年)
武蔵野化学研究所磯原工場がISO9002を取得
中国江西省科院生物技術有限責任公司と合弁会社江西武蔵野化学生物化工有限公司を設立
詳細
2006年(平成18年)
ムサシノバイオリサイクル(株)設立
詳細
2009年(平成21年)
江西武蔵野生物化工有限公司を完全子会社化

2010

弛まない創造力と探究心で
いつまでも挑戦し続けます。

これからも高純度製品、高品質製品を開発し続けます。
詳細
2010年(平成22年)
江西武蔵野生物化工有限公司を武蔵野化学(中国)有限公司に社名変更
SSL-B(ステアロイル乳酸ナトリウム)の販売開始
詳細
2012年(平成24年)
高純度ポリ乳酸(PLA)のプレスリリース
詳細
2013年(平成25年)
乳酸カリウムの製造開始
詳細
2014年(平成26年)
動物用医薬品としてのピルビン酸メチルの製造開始
1940
1940
1950
1950
1960
1960
1970
1970
1980
1980
1990
1990
2000
2000
2010
2010